ヒゲ脱毛の理想的な施術間隔は?毛の成長サイクルに合わせて期間を決めよう!

ヒゲ脱毛の施術期間

男性は毎日欠かさず髭剃りを行いますが、朝に1度だけ行う方が居る一方で髭が濃い方は昼と夜にも髭剃りをする事が珍しくなく、日頃から手間と肌への負担を強く感じている方ほどできるだけ速くヒゲ脱毛を完了させたいと考えます。
そのように、できるだけ速くヒゲ脱毛を完了させたいと強く考える方ほど、サロンを訪れて説明を受けた際に強く意識するのが毛周期という周期についてです。

施術に際して受けたカウンセリングで初めて周期の名称を耳にする方も稀有ではないですが、毛周期とは1本の体毛が誕生してから抜け落ちるまでの1つの期間の事です。
そのような人体が生まれながらにして有している周期に基づいて効果的な期間を計画し、計画に沿って施術が進められていきます。

そのため、施術を行う回数自体は5回から15回と決して多くないものの、要する期間は1年から2年が設けられていて周期について認知していない方にとっては長いと感じる所以でもあるのですが、周期に則って1年から2年かけて完了を目指すのは結果としては最も効率的かつ効果的な期間で、肌を守りながら完了が目指せる所以でもあります。

こうした毛周期は大きく分けて成長期と退行期、休止期の3つに分類でき成長期とは肌内部に存在していて髭を発毛している根源の毛母細胞から栄養を得て、最も成長率が高い時期です。
成長期にある髭は根元部分に膨らみが見られるのが特徴的であり、既に表皮上に出てきている毛はもちろん内部で成長し続けていて、間もなく表皮上に出てくる毛も著しく成長しています。

エステ脱毛と医療レーザーでは成長期にある髭に対しアプローチを行いますが、毛穴の1つ1つに針を挿入して電気を流すニードル脱毛の場合は成長期に限らず、退行期にある髭にも同様にアプローチ可能です。退行期というのは成長期を終えた髭が移行する段階の事を指し髭の育毛が停止している状態ですが、髭が物理的に毛乳頭から離れている様子になっているので、成長期に見られていた膨らみが見られません。

毛乳頭から離れて自由になった髭は自然に表皮に向かって上昇してくる上、動作を行ったり肌に衣服や寝具が触れた際に尚一層表皮に向かって上昇するペースが高まり、最終的には肌から離れて抜け落ちます。退行期の次にある休止期は毛穴から髭が無くなった後、次の髭が発毛されるまでの期間を指し、毛母細胞と毛乳頭という体毛を生み出すために必要な2つの組織が共に活動が行われておらず、レーザーを照射したりニードル脱毛で電気を流しても変化は起こりません。

毛周期は3つに分類されていますが、期間としては4ヶ月間から12ヶ月間の成長期と1ヶ月半から3ヶ月間の退行期と休止期の2つに分けられ、男性脱毛ジャガークリニックでは2つの期間を基準としながらカウンセリングで個々の周期を正確に確認して、最良な周期を導き出してプランニングが行われます。
そして、ヒゲ脱毛は施術を行う際に用いる機器によっても期間が変化し、医療レーザーを利用した場合は1度の照射につき成長期にある髭が施術後3日から14日間が経過した段階で抜けていくので、すぐに髭を無くしたいと強く考えていてもすぐに再び予約をしたりサロンを訪れず、1ヶ月半から3ヶ月間は間を空けてから前回は退行期や休止期に入っていた毛に施術して頂きましょう。

また、レーザーを照射してヒゲ脱毛をするという共通点から、エステサロンを利用する際にも医療レーザーを利用した時と同様に1ヶ月半から3ヶ月間の周期が良いように感じられますが、実はエステサロンと医療レーザーでは同じレーザーを使用した施術でも最適な周期が異なります。
その理由はエステサロンに導入されていて用いられている機器は、医療レーザーに比べると照射される光の力が抑えられているという特性が関係しています。
光の力が抑えられているので肌に優しく受けられますが、成長期の髭も複数回照射した方が良い事例もあるためエステサロンの場合は医療レーザーに比べて短い1ヶ月から2ヶ月の周期が設定される事が多いです。

レーザーの場合は表面に出ている髭を対象にしているのに対し、ニードル脱毛は肌の内部にある毛母細胞そのものを対象にしているので毛周期に左右されず、表面上に髭が出ていない状態でも脱毛処理が進められますが、施術を効果的で効率的にするために髭が1mm伸びてきたタイミングで行われます。
ヒゲ脱毛はカウンセラーがカウンセリングの段階でプロの目から見て状態を把握し、プランニングした計画に沿ってサロンに訪れて施術を受けていれば満足度が高い仕上がりになるものの、多忙で完了まで計画通り通い続けられる自信が無い方も少なくないものの、計画よりも間隔が空きすぎてしまう事は取り分けて問題にはなりません。

完了日は当初よりも遅れてしまいますが、3つの毛周期は絶え間なく繰り返し行われているので、たとえ通える頻度が少ないとしてもレーザー脱毛の場合成長期にある毛にレーザーを照射し続けていれば着実に本数は減少し、全く髭が無い肌になりシェービングの負担と手間も解消されます。
ぜひ、毛周期の構造を理解した男性専門医療脱毛ジャガークリニックをご活用くださいませ。

関連記事

  1. 泥棒ヒゲ対策

    ヒゲ脱毛後に現れる泥棒ヒゲの原因と対策について

  2. ヒゲの毛抜き

    ヒゲの毛抜きには要注意!毛抜きすることで起こる3つの肌トラブ…

  3. ヒゲNGな業界

    ヒゲNGの職種やシーンとは?ヒゲ脱毛で見た目をよくしよう!

  4. 青髭対策

    青髭(アオヒゲ)に悩む人が気づけない悪習慣と対策について

電話相談はこちら▼