青髭(アオヒゲ)に悩む人が気づけない悪習慣と対策について

青髭対策

青髭とは?髭を剃ったあとでもわずかに剃り残しの髭が残ってしまう状態です。髭は黒いのに、どうして青く見えるのかというと、無精髭のように肌の表面からでているのではなく、肌の内側から透けて見えているからです。

青髭が見えている男性は、周囲の人に髭の処理が出来ていいない、不衛生な人という印象を与えます。それだけでなく嫌悪感を抱く女性が多いので、恋愛に支障が出る恐れもあります。

また青髭は放置すると、もっと困った事態になるかもしれません。髭は本来ならば毛穴から出てこなければいけないのですが、毛穴よりも短いと皮膚の下に潜り込むような形に伸びることがあります。いわゆる埋没毛と呼ばれる状態です。埋没毛になれば、カミソリで髭を処理しようとしても刃があたらないので、剃ることができなくなります。その上、髭が横に向かって伸びるとき皮膚に食い込んで炎症を起こします。その炎症がひどくなれば、化膿することもありますしメラニン色素が大量に分泌されて色素沈着が起きるかもしれません。

青髭は毛深い人だから必ずなるというものではなく、そこには普段の生活で何気なくやっている悪い習慣が関係しています。青髭に悩んでいる人は、そのメカニズムを知らなければいつまでも解決ができません。

それでは、どのような習慣が青髭をつくりだしているのかというと、何よりも疑うべきは処理の仕方です。使いすぎて切れ味の悪くなったカミソリを使うと、剃るというよりも髭を強く引っ張ります。それだけでなく切れない刃は肌を傷つけて、出血を招きます。一度剃っただけでは剃り残しが出るので、綺麗にしようと繰り返し剃ればさらに髭と肌にダメージを与えます。
刃を滑らせる向きも間違えれば青髭をひどくします。基本的にカミソリは上から下へと、流れるように動かす順剃りをしていきます。それでも剃り残しがあるときには、下から上へと動かす逆剃りを行います。もし、いきなり逆剃りからはじめてしまうと、カミソリは長く伸びた髭を剃るのではなく引っ張る形になります。そうして引っ張られた髭は必要以上を短くなり、埋没毛ができやすくなります。

髭をカミソリで引っ張るということでは、シェービングクリームやジェルを使うかどうかも重要です。もし、お湯で濡らしただけで済ませているならば、刃を動かすときに髭が引っかかりやすくなりますし、肌も削ってダメージが大きくなります。

ちなみにカミソリを使った処理が問題ならば、毛抜きを使えば良いと考える人もいるかも知れません。しかし毛抜きを使うことは、無理やり引っ張って短く千切ることになりますから、埋没毛を生み出す悪い習慣といえます。

処理の仕方以外では、ホルモンバランスを乱す悪い習慣も注意しなければいけません。運動不足やストレス、睡眠不足など乱れが生活を送っていると、気が付かないうちにホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが過剰に分泌されます。男性ホルモンは男性らしい体つきや性機能をコントロールしています。当然のことながら量が増えれば、それだけ髭は濃くなります。つまり髭が濃くなれば、肌の下から透けて見えやすくなり青く見える部分が多くなります。

こういった習慣を踏まえて、青髭を薄くするためには対策は、まずカミソリでの処理方法を見直すことです。カミソリの刃は、商品によっても異なりますが数週間から1ヶ月位の使用が交換の目安です。切れなくなったカミソリの刃をいつまでも使い続けることがないようにしてください。電気シェーバーを使用するときも、水洗いやオイルを塗るといった手入れをして、交換時期が来たら新しい刃に交換してください。

そして、カミソリを使うときには、シェービングクリームやジェルを肌質に合わせて選んで肌と髭の負担を減らしましょう。剃り方も順剃りから始めるように心がけてください。同様に毛抜を使うことは避けてください。

あとは、栄養バランスの取れた食事を摂ること、睡眠は十分にとれるように夜更かしをしないことを実践していけば、男性ホルモンの分泌量を抑えて青髭が薄くなります。

ここまでいろいろとやるべきことを並べてきましたが、日々の仕事が忙しくて顔の手入れに気を回せないならば、別の対策もあります。それは、男性向けの脱毛サロンで髭をすべて処理してしまうことです。医療レーザー脱毛は、一度脱毛処理をしてしまえば、髭が生えてこなくなりますからカミソリなどで処理をする手間を省けます。毎日の処理がなくなれば、肌をカミソリで削ることもなくなりますから青髭だけでなく美肌も手に入れることができます。

髭を脱毛するなら、男性脱毛ジャガークリニックにお任せください。クリニックは渋谷駅から徒歩1分という立地の良い場所にあり、脱毛についても最新の機械が導入されているので痛みも少なく施術時間も短いので安全に受けることができます。料金はすべて最初に提示されているものだけですから、あとから高額な追加費用に悩まされることはありません。最初はカウンセリングから始めるので、疑問点や不安があれば、まずはカウンセリングをおすすめします。

関連記事

  1. ヒゲの毛抜き

    ヒゲの毛抜きには要注意!毛抜きすることで起こる3つの肌トラブ…

  2. ヒゲ脱毛の施術期間

    ヒゲ脱毛の理想的な施術間隔は?毛の成長サイクルに合わせて期間…

  3. 泥棒ヒゲ対策

    ヒゲ脱毛後に現れる泥棒ヒゲの原因と対策について

  4. ヒゲNGな業界

    ヒゲNGの職種やシーンとは?ヒゲ脱毛で見た目をよくしよう!

電話相談はこちら▼